日曜礼拝2014年9月 日曜礼拝メインページはこちら

2014年9月14日
【愛と宣教リトリート】と熊本教会同時礼拝開催







本日は、千葉県市川市で行われている「愛と宣教リトリート」ととの中継
にて、礼拝を行いました。

熊本教会の佐藤龍平師が、メインメッセンジャーとなりました。

 【チャレンジの本質とチャレンジ精神を受け取る】

 【聖書箇所】
 愛する者たち。あなたがたを試みるためにあなたがたの間に燃えさか
 る火の試練を、何か思いがけないことがことが起こったように驚き怪し
 むことなく、むしろ、キリストの苦しみにあずかれるのですから、喜んで
 いなさい。それは、キリストの栄光が現れるときにも、喜びおどる者とな
 るためです。
                  【Ⅰペテロ 4:12・13】

 【チャレンジの本質】
 ①神は愛する者にチャレンジを与える
 ②神のチャレンジは思いがけないものではなくしっかりと受け
  止めるべきである。
 ③チャレンジによってキリストの苦しみを受け取る
 ④チャレンジを受け取ることは、神の栄光と喜びをもたらす

【チャレンジスピリット】
 キリストのからだが立てあがっていくためにチャレンジは与えられる。
 人間的な解決策はチャレンジを無駄にしていまっている
 主の霊的な解決策をいただく

【最上級のチャレンジを受けた方】

    イエス様


―この「上られた」ということばは、彼がまずちの低い所に下られた、
ということではなくて何でしょう。この下られた方自身がすべてのもの
を満たすために、もろもろの天より高く上られた方なのです―
こうして、キリストご自身が、ある人を使徒、ある人を預言者、ある人
を伝道者、ある人を牧師または教師として、お立てになったのです。そ
れは聖徒たちを整えて奉仕の働きをさせ、キリストのからだを建てあげ
るためであり、ついに、私たちがみな、信仰の一致と神の御子に関する
知識の一致とに達し、完全におとなになって、キリストの満ち満ちた身
たけにまで達するためです。
                 【エペソ4:9~13】

【イエス様が受けたチャレンジ】

 全人類の救いを担うものとして生涯を全うする。
    ↓
 救いを担うという使命

「私たちが主からのチャレンジをしっかりと受け取るとき、それは指名
 に変わる。なさなければならない使命となる。」

【今日の賛美】
・イエスわが王
・感謝と喜びを
・新しい命
・その日全世界が


今週のお知らせ
・来週21日は、リトリート参加の証し会を行います。
・11月8日(土)9日(日)に小笠原師が、来られることになっています。
 それに合わせて阿蘇で修養会を予定しています。

皆でお祈りお願いします。
・佐藤師夫妻の第一子悠里君、第二子穂ちゃんの成長の為に
 お祈り下さい。
・兄弟姉妹の就職の為にお祈り下さい。
・安田姉の家庭集会の祝福の為にお祈り下さい。


熊本教会では、今からライブ礼拝が始まります。
礼拝開始の9時前、ちゃんと繋がるかみんなハラハラでした。



櫻井姉は息子さんと電話で話しています。


ライブ中継で、私たちも賛美も行いました。


佐藤先生のメッセージが始まります。

今坂姉が「佐藤先生、頑張れ!」と、大きな声でエールを送りました。
みんなで祈り心をもちながら、先生のメッセージに耳を傾けました。
少しの画面の乱れや停止、音声も一時停止して心配しましtが
すぐに回復して、おおむね大丈夫でした。

千葉の地と熊本をつなぐ、ハイテクな礼拝!
初めての経験でしたが、恵みと祝福の心に残る聖日となりました。

主にあって、心より感謝です。

 
賛美が始まりました。

 
みんなワクワクです。
きちんと千葉の会場と繋がっています。
スクリーンを見ながら共に挨拶、
賛美の時をもちました。



佐藤龍平師登場


今日の櫻井姉のお華です。
ススキを背景に、うす赤色の鶏頭、ピンクのガーベラ
小さな黄色の花はおみなえし、葉がノコギリのようなピンクの花はノコギリ草です。

過ぎゆく夏を惜しみながらも、爽やかな秋の到来を感じる今日この頃です。




2014年9月21日




お帰りなさい直子先生、ようこそ穂ちゃん


悠里君もお帰りなさい、でも相変わらず忙しそうですね(^_^)


原兄のリトリート証し





【あなたから流れる愛】

聖書【ローマ5:1~4】


今週のみことば
   忍耐が練られた品性を生み出し、練られた品性が希望を生み
   出すと知っているからです。
                    【ローマ5:4】
今日のテーマ
   私たちはキリストの希望を表すことの出来る者として選ばれ、
   チャレンジを与えられてる。

今日は、直子師、悠里君、穂ちゃんが熊本教会に帰ってきた初日の
日曜礼拝でした。みんな元気そうでなによりです。主に感謝です。
また、本日の礼拝は、リトリートに参加した、原姉、原兄、櫻井兄及び
佐藤師の証しとなりました。

今回の熊本教会からの参加者みんなは、大きなクリスチャン家族の愛、
大きな大きな主からの愛と主へのチャレンジをしっかり受け止めた、実り
のあるリトリートとなりました。来年は、少しでも多くの皆様が参加出来
たらいいですね。

今日の賛美
  ・ワンボイス
  ・イエスが愛したように
  ・主イエス神の愛

今週のお知らせ
・先週の合同礼拝ではご協力ありがとうございました。リトリートも
 祝福の内に行われました。
・明後日23日は、男性セル主催のうどん会を行います。どうぞご参加
 下さい。
・10月12日(日)は、昇天者記念礼拝を行います。
・11月8日(土)9日(日)に小笠原師が、来られることになっています。
 それに合わせて阿蘇で修養会を予定しています。

皆でお祈りお願いします。
・佐藤師夫妻の第一子悠里君、第二子穂ちゃんの成長の為に
 お祈り下さい。
・兄弟姉妹の就職の為にお祈り下さい。
・安田姉の家庭集会の祝福の為にお祈り下さい。



来週の賛美は、下記の予定です。
  ・ありのままに
   
  ・You raise me up
   
  ・我が魂の羊飼い
   

YouTubeで検索すると、歌が出てきますよ。
※出てこないものもありますが。
カホンの練習や歌の練習などに役立てて下さい。
 
 
 







今日のシオン食は、森姉の肉じゃがとたくあん、野村姉のマカロニ
サラダ、前田姉のお赤飯と櫻井姉のお赤飯、石岡姉のきゅうりキムチ
と梨でした。今日もまた、美味しく頂きました。
感謝感謝です!ハレルヤ!


今日の家族会議は、下記テーマについて会議を行いました。
① 10月12日開催予定の昇天者記念礼拝について
  ・参加案内は、往復はがきを送りますので、招待したい人が居
   れば、連絡下さい。
  ・昇天者の写真を用意できる方は用意してください。
  ・当日は、お弁当を用意します。

② 9月23日のうどん会について
  ・10:30~11:30 うどん打ちを実施
  ・出来上がったうどんを食べたい方は、11:30に教会へ集合
   してください。
  ・用意するもの
    汚れてもいい服装
    持ってる方は、菜切り包丁
  ・また、今回打ったうどんは、28日のシオン食にします。
   おたのしみに!

③ 11月8日・9日に開催予定の阿蘇での修養会について
  ・小笠原師の熊本到着予定日について
  ・小笠原師へ個人的に証をしたい方は、事前に佐藤師へご相談
   下さい。
  ・9日(日)のみの参加は可能です。ご相談ください。
  ・バーベキューの材料などについて
  ・当日のスケジュール案について

④その他
  ・2階の窓の転落防止柵について
   櫻井兄が、柵を購入し取り付けます。
   費用は、費用分担があります。よろしくお願いします。

  ・教会の椅子購入について
   今の椅子を売って買いなおす。
   まずは、あてを探してください。
   
  ・ホームページの運用について
   現在のホームページの容量が足りなくなりましたので、近々
   お引越しをします。また、ホームページ担当が休んだ場合の
   対応についてご連絡します。
    ・前田姉:写真撮影後櫻井兄へメールにて送付、
    ・週報は、森姉が櫻井兄へFAXを送信する。
   現在のアドレスよりジャンプ出来るようにします。


本日も、沢山の意見が出ました。一つ一つ私たちで築き上げていき
たくましい熊本教会にしてきましょう!ハレルヤ!

彼岸花とひまわりのアレンジです。
テーマは、「夏の終わり」です。
まるで田んぼの畦道を切り取ったようです。
遥かに続く畦道の向こうには、雄大な大阿蘇の山々と青い秋空が広がっています。
熊本へ、阿蘇へお越しください。




前田兄の作品です。
本当に素晴らしい作品で、感動しています。
前日、教会の皆に配るために、徹夜で何枚も書かれたそうです。
前田兄に感謝と喜びを感じました。
本当に感謝いたします。ハレルヤ!




2014年9月28日





【迫害の中に輝く信仰】

聖書【マルコの福音書 13章9節~13節】


今週のみことば
   また、わたしの名のために、あなたがたはみなの者に憎まれ
   ます。しかし、最後まで耐え忍ぶ人は救われます。
   
                    【マルコ13:13】
今日のテーマ
   この日本の救いのために立ち上がっていく。無関心という迫害
   の中でキリストの栄光を表し続ける者となる。

今日の賛美
  ・ありのままに
  ・You raise me up
  ・わが魂の羊飼い

今週のお知らせ
・来週は聖餐式があります。礼拝後は教会清掃と再来週の昇天者
 記念会のための準備会を行います。
・10月12日(日)は、昇天者記念礼拝を行います。
・11月8日(土)9日(日)に小笠原師が、来られることになっています。
 それに合わせて阿蘇で修養会を予定しています。

皆でお祈りお願いします。
・佐藤師夫妻の第一子悠里君、第二子穂ちゃんの成長の為に
 お祈り下さい。
・兄弟姉妹の就職の為にお祈り下さい。
・安田姉の家庭集会の祝福の為にお祈り下さい。

来週の賛美は、下記の予定です。
  ・Only A god like you
   
  ・あなただけがわれらの神
   
  ・変えられたソング
   

YouTubeで検索すると、歌が出てきますよ。
※出てこないものもありますが。
カホンの練習や歌の練習などに役立てて下さい。
 

 








今日のシオン食は、佐藤師がうどん会の後、コネて寝かせておいた生地を
前田兄が、うどん麺にしたうどん、トッピングは、原姉が味付けした豚肉と
ちくわとワカメときざみ葱、櫻井兄が作ってきた温泉玉子をうどんにのせる
といった、皆の合作うどんでした。それから、石岡姉の炊き込みごはん
前田姉の煮豆、櫻井兄が釣ってきた魚のお刺身でした。
今日も、ごちそうで大満足でした。感謝感謝です。ハレルヤ!



午後よりコイノニア(聖書勉強会)開催

本日のテーマ「成長するいのち」

暗唱聖句
 「生まれたばかりの乳飲み子のように、純粋なみことばの乳を幕い求め
  なさい。それによって成長し、救いを得るためです。」
                         (Ⅰペテロ2:2)

新しいいのちの誕生。これほど神秘的で喜びに満ちたものはありません。初めて生まれ
てきた子どもを前にして、私は「このいのちはいったいどこから来たのだ!とても私た
ちからではない。神の創造のわざ以外にない!」と感動したものです。

こうして生まれた小さいいのちは、はいはいし、立ち上がり、歩き出し、言葉を憶え、
みるみるうちに成長し、今では親に意見を言うほどまでになっています。

イエス・キリストを信じる人は神の子どもとされます。新しい第二の誕生です。見た目に
はわからないかもしれませんが、そこには肉の誕生以上に神秘的な喜ぶべきことが起こっ
ているのです(Ⅰペテロ1:23)それは新しい創造のわざです。(Ⅱコリント5:17)
霊的ないのちの誕生です。この新しい上からのいのちも成長していかければなりませ。信じ
て神の子どもとされた者が、順調に成長のステップを踏んでいかなければ、それこそ、霊的な
コインロッカー・ベイビーになってしまいます。肉の赤ちゃんが成長するのに基本的に必要な
ものは食物、呼吸、暖かさ、運動です。神の子ども、霊の赤ちゃんの成長に必要なものは何で
しょう。



詳しくは、資料をご覧になってください。、⇒ こちら


   
 



キンモクセイの甘い香りが漂っています。
畑の隅にはコスモスが咲いています。
愛らしいピンク、白いコスモスは珍しく、
赤紫のコスモスは白い不入りです。
1つ1つの花を愛でながら、
正しい位置に配置して活けてくださいました。




日曜礼拝メインページ